名店です。蕎麦切 はたゑ 

気になっていたこちらのお店。やっと来ることができました!

蕎麦切 はたゑ
c0207868_2123458.jpg





親富考通りにも程近い一画。
このマンション・・・
c0207868_2131271.jpg

ハイラーク舞鶴の1Fです。
c0207868_21325660.jpg

半円形のカウンターが9席(写真は端から4席なので、半円に見えませんが^^;)
c0207868_21342559.jpg

テーブル席が12席
c0207868_21354226.jpg

奥にはお座敷もありました。

いただくのは、”天ざる 雪(2800円)”
c0207868_21385651.jpg

でもその前に。
一品料理もいろいろあるのですよね~。
c0207868_21401883.jpg

c0207868_21404187.jpg

お腹と相談して、
お蕎麦屋さんと言えば!な、玉子焼を注文。

お通しの、蕎麦味噌
c0207868_21432920.jpg

蕎麦の実がカリッと香ばしく、味噌とあいまって何とも美味。
先ずはビールな私達ですが、早速日本酒も注文!
c0207868_21465784.jpg

私は立山、旦那は楯野川。
やはり。
この蕎麦味噌には日本酒が合います^^

玉子焼(二個巻) (420円)
c0207868_21504190.jpg

ちょっと甘めの出汁をたっぷり含んだ玉子焼。
熱々をいただきながら、日本酒を。
いい感じ♪

さ、お待ちかねの”天ざる”です!

こちらの天ざるは、一般的な天ざるとはちょっと違うのです。

先ずは天ぷらから。
目の前で揚げられた熱々のものを、一品一品いただくのです!
ここはお蕎麦屋さん?天ぷら屋さん?ってな具合です^^

天つゆと
c0207868_21593797.jpg

まるでオレンジのような、国産レモンと塩でいただきます。
c0207868_2203134.jpg

店員の方のおススメ。
お盆の淵にかけて、レモン汁と塩を混ざらないようにしておくといいとか。
なるほど^^

海老、海老頭
c0207868_223287.jpg

c0207868_2232243.jpg

こしあぶら
c0207868_224137.jpg

稚鮎
c0207868_2245060.jpg

c0207868_226598.jpg

アスパラソバージュ(野生のアスパラ) 「この季節につくし!?」かと思ったワタクシでした^^;
c0207868_228151.jpg

天ぷらの揚がる音が、粋なBGMです。
c0207868_22113951.jpg

きす
c0207868_221391.jpg

おくら
c0207868_22165043.jpg

いんげん
c0207868_22173050.jpg

帆立
c0207868_2218222.jpg

伏見とうがらし
c0207868_22191282.jpg

美味しいです。

衣はふんわりとして、それでいてサクッと締まりのある仕上がり。
比較的軽めの衣で、素材の旨味を存分に楽しめます。

中でも印象に残ったのは、
こしあぶら、稚鮎、帆立。

季節感たっぷりの天ぷら。
本当に大満足♪

〆は、もり蕎麦
c0207868_22263040.jpg

十割蕎麦です。

喉越し、コシ、いいですね~。
何もつけずにいただくと、蕎麦の甘みを楽しめます。
素直に”ウマイ”といえる蕎麦ですね^^

短めのお蕎麦です。
粋に手繰ってすすれない私には、食べやすいですね^^;

蕎麦つゆは、福岡の他のお店でいただくよりも辛口。
江戸前を彷彿とさせる、私には懐かしいお味でした。

最後に蕎麦湯をたっぷりといただいて
c0207868_22322631.jpg

ご馳走様でした!!

いつか、”天ざる 花(7500円)”をいただいてみたいのです♪
前日までに要予約。
本日いただいた天ざるに、一品料理が数品つく特別なコースだそうです。
旦那に「ヨロシクね♪」
とお願いしたら、知らないフリをされました^^;
いやいや、そのうちヨロシクお願いしますね~!



蕎麦切 はたゑ
福岡市中央区舞鶴1-3-31 ハイラーク舞鶴1F
092-761-1402
平日 12:00-14:00
    18:00-21:00
土曜 12:00-15:00
    18:00-21:00
日祝休
[PR]
by takechan-kao | 2010-06-05 22:04 | そとごはん