宮崎☆ 霧島神宮~ふたり静

宮崎の旅編です。

今ブームの、坂本龍馬もハネムーンで訪れた地。
最近では、パワースポットとしても有名な、
霧島神宮へ参拝

霧島神宮
c0207868_8545851.jpg

朱塗りの鳥居が目にもまぶしいです。



ここ霧島は、
天照大神の孫に当たる、ニニギノミコト(漢字がわからない^^;)が
三種の神器を携え、地上を治めるために降り立ったという、
天孫降臨の地でもあります。

霧島神宮は、そのニニギノミコトをお祀りしてあります。
c0207868_920796.jpg

このニニギノミコトのお話が、かなり私のツボでして^^;


ニニギノミコトはこの地上で、コノハナサクヤヒメと運命的な出会いを果たし結婚。
一夜だけを共にして、統治の旅へと出発。

時を経て、この地に戻ってみると、
なんと、コノハナサクヤヒメのお腹には赤ちゃんが!

そのヒメを見て、ニニギノミコトが一言。

「それって誰の子??」

えー!!!
まるで昼メロな展開!?

おいおい、
同じ女性としては彼女の気持ちがよくわかります。
そりゃないだろう・・・と思わず神様にツッコミ。

コノハナサクヤヒメは疑いを晴らすために、
「無事に産めたら、それが私の潔白の証明よ」
とばかりに、
戸のない産屋に火をかけて、無事3人の皇子を出産。

疑いは晴れましたが、
その後、コノハナサクヤヒメがニニギノミコトに心を開くことはなかったそうです。



そんなことを思いながら参拝していたからでしょうか。
駐車場を出るときには晴れていたのに、急に雨が!
c0207868_935792.jpg

傘も持たずに出てきましたが、負けじと参拝。

ご神木
c0207868_9364485.jpg

樹齢800年の霧島杉
南九州一帯の杉の祖と言われているそうです。

苔むした、旧参道
c0207868_940293.jpg

幕末の頃はこちらの参道が使われていたそうなので、
龍馬が通ったのもきっとこの参道ですね^^

風穴
c0207868_9421695.jpg

かつては、この岩穴からいつも風が吹いていたそう。
不思議。

亀石
c0207868_9444528.jpg

亀に見えますね^^

この石にはいくつかの言い伝えがあるそうですよ。
神様との約束を違えた亀が石にされたとか。


静謐な空気と、天からの恵(きっと)の雨とで、
たっぷりと体内にパワーを取り込みました♪

とはいえ、雨に降られ、ずぶ濡れの身体を温めなくては^^;
急遽予約を取り、立ち寄り湯へ直行!



ふたり静
霧島神宮から、車で走ること20分くらい。
ん?こんな住宅街の中に温泉宿があるの?
と思っていたら・・・なんとも風情のあるお宿でした。

駐車場を出て、ここを入っていきます。
c0207868_9514527.jpg

母屋は外からみるとこんな感じ
c0207868_953876.jpg

ホッと落ち着く田舎家な趣
c0207868_9545791.jpg

立ち寄り湯は、
お泊りのお客様のチェックアウトとインの合間の、2~3時間ほど。
要予約です。

そしてその時間に現れた私たちを、
この和傘を持ってお出迎え。
c0207868_9573952.jpg

ありがとうございます。

立ち寄りの貸切湯は、1時間2000円。
バスタオルとフェイスタオルつきです。

こんな手付かず(に見せている)の自然の中に、
内湯と露天が5つほど。

私たちは、水の音露天を貸しきりに。
c0207868_1021042.jpg

扉を開けると・・・
c0207868_1032785.jpg

なんとも野趣溢れる露天風呂。
そして広い~。
c0207868_105244.jpg

大人が5~6人で入っても、問題なさそう^^

洗い場は屋根つき。スペースも充分。
c0207868_106921.jpg

本当に大満足でした!
雨に打たれてずぶ濡れになった身体も、芯からホカホカ。
すっかり寛いでしまいました。

一路、宮崎市内へと向かいます!!



ふたり静
霧島市牧園町高千穂3620-4
0995-78-3161
[PR]
by takechan-kao | 2010-09-24 10:07 |