紅葉狩りのあとは。 うなぎ&温泉

耶馬溪にての紅葉狩り。
すっかり風流な気分に浸った後は・・・
やっぱりお腹が空きました♪

『先を急ぐ旅ゆえ』
と連呼していたのは、こちらに来てみたかったからなのです^^

元祖戸山うなぎ屋
c0207868_14264177.jpg

お昼のラストオーダーぎりぎりの時間に、
飛び込みセーフ。
ふぅー。



日田のお隣、豊後三芳駅が最寄。
三隅川を望む場所にある、老舗のうなぎ屋さんです。
c0207868_143149.jpg

お店の外にまで、
うなぎの焼ける芳ばしい香り、タレの香りが漂っていましたよ~。
楽しみ、楽しみ♪

日田近辺は、
やはり天領水の郷。
美味しいお水のあるところに、美味しいうなぎアリです!!

c0207868_14353628.jpg

c0207868_14355873.jpg

広いお座敷に、テーブルと座布団。
親戚のお家に来たような、アットホームでほっとする店内です^^

全ての器が名前入り^^
c0207868_1439367.jpg

c0207868_14392551.jpg

c0207868_14395130.jpg




早速、うなぎ三昧です♪

一品目、こんなお料理見たことない!
ってことで、おっかなびっくり^^;注文してしまった、

うなぎの刺身(湯引き) (800円)
c0207868_14414343.jpg

c0207868_1442960.jpg

生姜ポン酢に、柚子胡椒を添えて、
いただきます!
c0207868_1443064.jpg

わ!初めてのお味。

正直、ビジュアルとしては「どうなの?」って感じでしたが^^;
恐る恐る一口。

ぷりっぷりです。
皮目が気になるかと思いましたが、
このシコシコ感が、逆にクセになります。

うなぎの薄切りを、サッと湯引きして、氷で締めてあるのでしょうね。
程よく脂が抜けて、でもしっかりその甘さは味わえます。

うなぎ独特の香りが、こういった食べ方だとどうかな~と思っておりましたが、
最後に鼻に抜ける程度で、気にはなりませんでした。

ポン酢に柚子胡椒。
このサッパリ&ピリッとで、
得も言われぬ珍味へと、昇華させていましたね。

でも、何か一つもの足りない・・・
そう!
この一品、やっぱりお酒と供にいただくと、最高のお味かも!!
私達的に、このうなぎの刺身には、日本酒かと^^
車で来ていましたので、あえなく断念。



待ってました~♪
うなぎのせいろ蒸し 並 (1800円) 肝吸い付きです。
c0207868_14544652.jpg

c0207868_14552131.jpg

見るからに美味しそう~~~。

実は、
うなぎのせいろ蒸し、私初体験でした!

身の厚いうなぎ。
一匹を5枚に切ってありました。

うなぎの下には、タレをたっぷりまぶしたご飯敷き詰められてて、
錦糸卵のトッピングも^^


早速一口♪
c0207868_1512664.jpg

美味しいーーー。

本当に分厚いうなぎ。
蒸される前に、しっかりと焼かれているのでしょうね。

中はトロッととろけるほどなのですが、
芳ばしい香りと、お箸でもてるほどの形状をとどめているのは、
その一仕事ゆえでしょうね。



東京のうなぎは、
背開きで、とにかくじっくり蒸されているので、
本当にお箸を使うのが大変なほどの柔らかさ。

ですが、私はどちらかというと、
腹開きの、がっちり焼かれたうなぎが好みなので、
福岡のうなぎが大好きなのです^^



タレをたっぷりまぶしたご飯も、いいですね!
べたっとしておらず、
一粒一粒がたっています。
蒸されてホカホカで、うなぎとの相性も抜群!!

せいろ蒸しって美味しいのですね~。
大満足でした!


とはいえ、あんなにお腹が空いていたのですが、
並でも私にはちょっと量が多くて・・・

最後にうなぎを一切れ(1/5)と、ご飯(1/4)は旦那行き^^;
「ご飯の量の割りに、うなぎが少なーい」
と文句を言われちゃいました~。
はは、ごめんね☆

ご馳走さまでした。



お腹がいっぱいになった後は、
温泉でぽかぽかに温まりに行こう!
と、いうことで^^

昨年も伺ってお気に入りの、
琴ひら温泉 ゆめ山水
の家族風呂を利用します!!
c0207868_15161488.jpg

1時間2000円の、”山の棟、つぐみ”で入湯です^^

1時間、2000円~2500円で、
景色や、タイプの違うお風呂を利用することができます。
c0207868_15232479.jpg


こちらの泉質が、私はお気に入り♪
少しとろみを感じるお湯で、
とにかくお肌がしっとりつるつるになるのです!!
そして、温泉なので、ポカポカ保温効果が持続するので、
これからの寒い時期にもぴったり^^

こちらが”つぐみ”
c0207868_1524596.jpg

今回は、まだ明るい時間だったので、
川向こうの建物がちょっと気になるかなぁ^^;

次回、明るい時間のときは、水の棟かゆめの棟を利用することにしようかな。

受付でいただいてくるコインを、備え付けの機械に投入すると、
水道管が破裂した!?かのような勢いで温泉が入ります。
ものの数分ですぐに満杯。
その後は、勢いも落ち着き、かけ流しの状態になります。
c0207868_152831.jpg

ゆっくり、たっぷり浸かって、
お肌もツルツル。
心も身体も、ほっこり温まりましたので、
そろそろ福岡へと戻ります。

楽しい日帰り旅でした^^



元祖 戸山うなぎ屋
大分県日田市三芳小渕町1117-7
0973-22-4451
11:00-14:00(LO)
17:00-19:30(LO)
木・第三水休み(祝日の場合は翌日休)


琴ひら温泉 ゆめ山水
http://www.kotohira-onsen.com/index.html
[PR]
by takechan-kao | 2010-11-28 15:02 | そとごはん