手島邸にて、午餐  後編

引き続き、手島邸でのランチレポ、後編です。
(前編は、コチラ をどうぞ)

手島邸
c0207868_2085962.jpg




お庭で、なにやら焼いてくれています・・・
c0207868_21363463.jpg

登場!
金目鯛の焼き物
c0207868_2012216.jpg

天日で半日ほど干された金目鯛。
それを、炭火でじっくり焼いてあります。

皮目は、パリッと香ばしく。
身はふっくら、ほくほく。
半日干されたことによって、旨味がぎゅっと凝縮され、
でも干物ほど乾いた食感でもなく、絶妙でした。

美しく炊かれたくわい、おめでたいな~。
今年、私も何か頑張って芽吹かせなくっちゃ!



そして、お次はお肉料理なのですが・・・
なんとお写真を撮り忘れておりました><

低温でしゃぶしゃぶされた、
臭みの全くない、とろける舌触りの豚しゃぶ。

クリームのようになめらかな、カリフラワーのピューレ!と
あわせていただきました。

とっても優しいお味でした。




玉露茶葉のおひたし
c0207868_20134317.jpg

最初いただいた玉露の、言ってしまえば出がらしなのですが。
それがこんなに味わい深いなんて!!

何度いただいても、目から鱗の美味しさです。

想像をはるかに上回るおひたしですよ。
是非、ご賞味いただきたいものです。



佐賀は吉野ヶ里のお米を、土鍋で炊き上げたご飯です!
c0207868_2016840.jpg

c0207868_20163747.jpg

真ん中の、一番美味しい部分を、
先ずはそのまま一口だけ
c0207868_20194759.jpg

c0207868_2020431.jpg

私が、こちらで一番大好きな器でいただきます!
いつ見ても素敵☆

立ち上る湯気から覗く、つやっつやのご飯。
噛み締めるほどに、甘みが増します。
はぁ、日本人に生まれて本当によかったと思う瞬間です^^



お次は、おこげの部分も混ぜつつ、香ばしさを加えて
c0207868_2021426.jpg

お漬物、おひたし、そして炊き立てのご飯!
究極なお膳です!!
c0207868_2253265.jpg




牡蠣入りのお味噌汁も、思わずうなってしまうお味。
c0207868_2025993.jpg

福岡ならではの麦味噌のお味噌汁。
牡蠣の旨味が、コクと深みを与えていました。



炒りたて、あっつあつの胡麻。
それをふりかけていただくご飯
c0207868_20255353.jpg

c0207868_2026111.jpg

おこげも混ぜ込んだ、香ばしいご飯に、
さらに炒り胡麻の香ばしさも加わり・・・
これ、美味しい!!!
お腹に余裕があれば、もっといただきたかったです。



デザートタイムは、場所を変えてラウンジで。
c0207868_20273126.jpg

c0207868_20274622.jpg

やはり、夜の雰囲気とは全く異なりますね。
お昼もまた素敵♪

耳に心地よいBGMを聞きながら、目を閉じて、深く深く深呼吸。
ひょっとして、心を無にすれば・・・
手島画伯の息吹を感じることができるかも^^



水菓子
c0207868_2028236.jpg

甘味
c0207868_20285677.jpg

c0207868_20292060.jpg

ちょっとこの空気感に浸ってみましたが、
その時間は数分・・・いや数秒!?

やっぱり最後はデザートよね~と、
テンションも上がってワイワイと、
お喋り再開で~す。



コーヒーは、エルメスのカップで♪
c0207868_20295370.jpg

まだまだお喋りノンストップです!



と、ここで、Mが意外な発見を!
実はこちら、とても貴重な世界地図だったのです。
c0207868_20303378.jpg

手島画伯のアトリエに、絵画と一緒にくるまれていたものを、
こちらのご邸主が、壁に貼ったのだそうです。

そう、とても貴重な年代物の世界地図。
よーく見ると、

かつてのあの大国は、連邦のままだし、
お隣のあの国々は、まだ分裂前!

そして、ところどころ赤ペンで印が付いていました。
どうやら手島画伯が渡航した地を記していたようです。
あの時代に、デリーとか行ってたなんて、
すごい、というか羨ましい!!

お昼に訪れたからこその、新しい発見♪
世界地図の存在は知っていましたが、
私は全く注意を払っていなかったので^^;

M、あんたはエライ^^ 
とても興味深かったよ、ありがとうーーー。



お料理は、五感で味わうといいますが、
こちらのお店の場合、六感と言いますか(シックスセンスではなくて^^;)
最後に『心覚』を加えてもいいかもしれません。

Mも、とてもくつろいだ、楽しい時間が過ごせたようです。
っていうか、私たち、ちょっとくつろぎ過ぎじゃないかしら???

来年は、お互いの旦那サマたちも一緒に、4人で来ようね♪



手島邸
福岡市昭代2-4-22
092-821-2287
18:00-01:00
12:00- (土曜のみ)
要予約

もしくは、右 エキサイトブログ 『手島邸』 からどうぞ。
[PR]
by takechan-kao | 2011-02-03 20:30 | そとごはん